総合病院の看護師の働き方

003総合病院につとめ、12年になります。当院の病棟のナースの仕事は、2交替制の部署と3交代制の部署があります。

10数年前は、総合病院などの大きな病院は3交替制が普通でしたが、いまでは人員の確保や夜勤日数の軽減をするために2交替制を推奨しているため採用しているところは多いようですね。

2交替制の勤務は、日勤8時30分~17時、夜勤16時30分~9時、遅出12時~20時となっています。

3交替制の勤務は、日勤8時30分~17時、準夜勤16時30分~0時30分、深夜勤0時~9時となっています。

夜勤の人数は、病床数によって変わりますが、2交替制で夜勤3~4人、遅出1人、3交替制では準夜勤3~4人、深夜勤3~4人となっています。

参考:パートで働く

急変や手術件数が多いと、残業が増えることもあります。実際勤務しているとき以外の業務もたくさんあり、委員会活動や看護研究、病院の看護師教育の研修や課題があります。

看護職というのは、日々医療が進歩していく中で、新しい知識や病気・治療に関しての学びが必要だからです。

確かに大変なこともありますが、連続休暇をとって年に2回、海外旅行に行くことができるのが魅力的です